五反田男の潮吹き風俗とM性感

○五反田のM性感で調教される喜びを知る

乳首責めからの放置プレイを存分に満喫した僕は、放置プレイにしては長いなと思い、パッと女の子の表情を四つん這いの股の間から覗いてみました。パッと僕の目に映し出された女の子は涙を必死にこらえていたことに驚き慌てて起き上がりました。すると起き上がった僕をみて女の子は罵倒ではなく、泣きながら怒り出したのです。「私はあんたのご主人様なのに…何で気が付かないのよ!私があんたに常日頃からやってあげている調教は間違っているとでも言うの?」 「いえ、そんなことは…」「じゃあ、なんでたかが乳首いじってソフトな言葉責めぐらいで感じているのよ…」「それは…」「…もうあんたなんて犬失格だわ。どこへでもお行きなさい」涙をすすり、一生懸命に吐き出された一言は、僕を奈落に落とすには十分でした。しかし、五反田のM性感を高々一回利用しただけで捨てられるのは嫌だと思った僕は正直に自分の気持ちをぶつけてみることにしました。五反田のM性感でで行われるサービスはドMの僕にとっては一周まわって新鮮なものであり、M男として自覚し始めていたころに感じていた女の子にどんなことをされても感じてしまうあのころの気持ちを復活させることができた。だから感じてしまったのだと僕はありのまま告げました。

○五反田のM性感でM男に目覚める

「ほら、行くわよ」五反田のM性感で、初めて調教を味わったときのM男としての喜びを再び味わうことができた僕は、SMクラブで女王様の調教を受けるようになりました。「も…もっと唾を…ください」「それじゃあ、この前は心配かけてすいませんでしたって言いなさい」 「この前は…」「頭は地面につけるのだよ!」頭を踏みつけられた僕は、女王様にいじめられているという当たり前のことにM性感を利用する前よりも感謝するようになっていた。M男がM性感のような五反田のM性感を体験することでわかったこと、それはM男としての喜びを再び取り戻すことができるというものだった。もしも女王様からの調教に昔のような興奮を覚えることができなくなったM男がいるのなら、ぜひ一度五反田でM性感を利用してみてください。きっと見える世界は… 「この前はすいませんでした」「よし…じゃあご褒美にペニバンやってあげるから向こうむきなさい」「えっまだアナルはやってもらったこと…あーやめてー」 変わります。

そんなことがあったあとに、男の潮吹きというものも体験することができたのです。

関連記事

新宿男の潮吹き風俗で修行

鶯谷男の潮吹き風俗とマッサージスキル

池袋男の潮吹き風俗とメンズエステ

鶯谷男の潮吹き風俗と夜這い

横浜男の潮吹き風俗と良い汗

講習で男の潮吹きを知った風俗嬢