鶯谷男の潮吹き風俗と夜這い

・鶯谷の男の潮吹き風俗と夜這い

鶯谷にある男の潮吹き風俗のように男性が寝ているところに女性がエッチなことを施すというのは、100年前まで行われていた「夜這い」に似ているようにも思う。かつて行われていた夜這いは10歳前後の少年少女が村の近所のおじさん・おばさんに筆おろしされる、といういわゆる男女の肉体の相互交換とも言うべく伝統的な儀式でもあった。こういった行為は地方でも町でも行われており、性教育として重要な意味を持っていた。

江戸時代の法令によって夜遊びや夜這いの禁止令が出て、風俗的な行為の取り締まりが強化されるようになった。それから明治に入ると西洋の影響から一夫一妻制が確立され、夜這いを弾圧する法令が次々と作られたことによって、夜這いという文化が消えていく。それでも農村地帯ではしばらく伝統が続いていたが、戦後の機会化や化学化によって第一次産業としての位置づけが変わっていき、かつてのような宗教や信仰といった要素は消え失せていったという。そういったことを思い起こさせるもののひとつが鶯谷の男の潮吹き風俗という訳だ。

・鶯谷の男の潮吹き風俗と夜這いの歴史

鶯谷の男の潮吹き風俗などで行われているという夜這いは父母が自分の娘や息子の童貞・処女卒業を依頼する場合が多く、単に性的なテクニックがあるという相手ではなく、信頼できる人に頼んでいた。村の男たちは13~15歳位になると若衆宿というものに入り、2~6名程で共同生活をしていた。これは村の現役兵のようなもので、大体25歳くらいまで在籍し、結婚するとそこから出ていた。この若衆宿は村の共同作業を手伝ったり、夜になると寺のお堂や店やの前に集まって遊んでいた。

夜這いは若衆が新しく入ると同時に行われ、いざ夜這いの日ともなると経験済みの人は「今回はどんな人と当たるのだろう」と楽しみにしていた。実際にやってみると「良かった」という人と期待ハズレの人にわかれ、評価は二分した。こうして若い者たちは早くに体験を済ますのである。 現在、男の初体験は彼女ができない限りは20歳過ぎてお金が貯まるようになって風俗で卒業する、という人も少なくはない。しかし性への認識は、ネットが流通している今では簡単にエロ画像やエロ動画を見ることができるので早熟と言えるだろう。鶯谷の男の潮吹き風俗ではそのような性に憧れていたことを思い起こすことが出来るのだ。

・鶯谷の男の潮吹き風俗で求めるもの

最近はエロに触れるのが早すぎて衝動を抑えきれずに強姦行為に走ったり、18歳以下の未成年との性行為によって警察官や教師や銀行員など連日のように逮捕者が出ている。健全な性への認識を育てるのは少し難しい世の中になっている。画像や動画も過激なものが増えている。そんな強い刺激を求めるよりも、鶯谷の男の潮吹き風俗でまったりと癒される平和な快楽を求めてみると良いのではないか。

関連記事

横浜男の潮吹き風俗と良い汗

五反田男の潮吹き風俗と快眠

鶯谷男の潮吹き風俗とマッサージスキル

講習で男の潮吹きを知った風俗嬢

五反田男の潮吹き風俗とM性感

男の潮吹きとマッサージ